妊娠に影響する冷え性!10人に1人が低体温!?

女性の多くが抱える悩みの1つとして「冷え性」がありますが、なんと10人に1人が低体温の兆候があるんだそうです。

そんな私もその内の一人で高温期ってなんだ?ってくらい体温上がらないし末端冷え性で夏場も腹巻きと靴下必須です。

手も冷たいので、悲しいことに子供は触られるのを嫌がります。

若い頃は冷え性でも靴下履いておけばいいやと思ってたんですが、いざ子供を持とうと思った時に病院で冷え性を指摘されました。

やっぱり冷え性は妊娠する環境として良くないんだとか。

そこからまず冷え性改善を行いました。

どれだけ忙しくてもシャワーをやめてお風呂につかる事。

水道代が定額だったので、お金も気にすること無く入れたのが幸いでした。

そして飲み物も、毎日コーヒーを飲んでいたのをやめて、生姜を使ったホットの飲み物を飲むようにしたところ、以前よりも冷えが気にならなくなり、基礎体温にも変化が出ました。

私が行っていたこれは今で言う「妊活」なんでしょうね。

冷え性、放っておくと改善にも時間がかかってしまうし妊娠にも影響するので、自分もそうかもと思ったら早めに改善しましょう。

半身浴や岩盤浴なんかもオススメなので、次の休暇にでも行ってみてはどうでしょうか。

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ